5月25日総会後の講演会 予定「仮題 日本の移住事業の歴史」

日本の国家としての移住政策は近代化の過程で生じた棄民という暗部のようなものを引きずっていますが(明治維新、昭和恐慌、敗戦)グローバルな労働力移動としてとらえた場合、もっと自由な職業の選択肢だったと考えることもできます。しかし、当時の発想は、国の政策と金で送り出した以上は、「帰ってきてもらっては困る」という定住型の発想がすべてでした。

また、20年前に移住資料館で、「戦争花嫁」のような特集を組んだのは、若い女性たちの「もう一つの戦争」があったことが偶然に発掘できたからでした。皮肉にももう一つの戦争を記憶していたのは、国民でも、国家でもなく、天皇家でした。

今回は、移住についてよく知る、元JICA横浜センター長、海外移住資料館館長だった高井正夫氏を招いてその歴史を語っていただきます。貴重な話が聞けると考えます。

高井氏経歴
1974年農水省経済局国際部入省
1982年外務省中南米局移籍
パラグアイ日本大使官書記官
1986年JICA企画部移籍
JICAパラグアイ次長
JICAアルゼンチン(チリ兼轄)所長
調達部審議役、中南米部審議役を
2007年横浜センター長
2009年JICA退職の後、エクアドル所長
2012年JICA中小企業支援専門嘱託
本部、四国に勤務
2016年国際開発ジャーナル顧問
2022年国際開発ジャーナル退職

一方私たちの移住へのかかわりは

戦後海外移住が再開されたあと、農業独身青年の移住が盛んになり、その対象となる青少年に対して、海外移住の正しい理解と発展を促すための教育の必要性が論じられるようになり、海外協会が海外に関心をもってクラブ活動などを行っている「農業高校」に対して「海外移住モデル農業高校」に指定して助成を行ったのが、私たちの会の起源と考えています。

1958年「海外移住指定校」のちの1963年海外移住推進高校と改称され、JICAに「海外教育推進校」と改称されJICAとの密接なお付き合いが始まっています。
現在、海外移住資料館の図書の中に
当協会が当時発行したインフォメーション
「全高海協インフォメーション」(s49年3月からs50年11月)(当時の名称)全国高等学校海外教育研究協議会
「全国高校海外教育指導教師連絡会議資料」等が所蔵されています

web検索もできますので調べてみてください。「海外への道」「全高海協」等と入れると探せます

当日は興味深い話が聞けると思います。講演会はどなたでも参加できます
参加の希望がある方は、メールをいただけると助かります
5月25日の講演会は 信濃町の「全商会館」16時から17時までの1時間です

斉藤宏
webinfo@kokusaiken.org

Related posts:関連するブログ

第1回「多文化キッズ」連絡会報告

2月15日新宿のNSビルで令和6年度多文化キッズコーディネーターの連絡会が開かれました。 2024...

JICA広報部とJAGEとのエッセイ事業についての意見交換を行いました

JICA国際協力機構とNPO法人全国国際教育協会(JAGE)の歴史 振り返ってみると、エッセイコン...

フイリッピンで女性たちの自立を支援するNPO法人ハロハロ YouTobe

https://youtu.be/e0MV3PwX3SY

わたしがほしい社会を作る NPOハロハロ 人が主役のまちづくり

フイリッピンでは230万人もの人が貧困の中で生活しています フィリッピンの人口は約1億人で日本の人...

JICEが進める「はたらくための日本語」研修の概要をお聞きしました

JICE 一般財団法人 日本国際協力センター 多文化共生事業部部長 長山和夫氏からお話を伺いました...

日本語でつながる未来をつくるために「日本語はだれのため」日本語指導者研修会2回目「ユーチューブ」

日本語指導者研修会の2回目のユーチューブまとめました 日本語はだれのためという問いかけに改めてきづ...

日本語指導者研修Ⅱ「やさしい日本語は誰のため?」

2回目の日本語指導者研修会を行いました。当日のスライドと流れをまとめてみました。 文化庁においては...

エッセイコンテスト、生成AIどう扱う。公益社団法人青年海外協力協会(JOCA)との懇談を行いました

今回お会いしたのは公益社団法人青年海外協力協会JOCAのグローバル人財育成課の大原さん、外処...