2024年総会後講演会「日本人移民の今」、ブラジルを訪問してのリポート YouTubeもつくりました

今回の講演会は 福田訓久氏にお願いしました。

タイトルは「日本人移民の今」として、昨年(2023)、元JICA横浜センター長の高井正夫氏講演による「日本人と海外移住」を受けて、今のブラジルの移民の人たちの生活や思いをレポートしてもらいます。

それは、なぜかというと、私たちのグループは戦後海外移住が再開されたあと、農業独身青年の移住が盛んになり、その対象となる青少年に対し海外移住の正しい理解と発展を促すための教育の必要性が論じられるようになり、「海外協会」が海外に関心をもってクラブ活動などを行っている「農業高校」に対して「海外移住モデル農業高校」に指定され、それを受けて、農業高校において「移民勧奨教育」を行ってきたのが私たちの会の起源でもあるからです。私たちにとっては、移住を勧奨し、海外に出ていった生徒たちが、今どのような生活をし、どのような考えを持っているのかとても知りたいからです。

福田氏のレポートでのキーワード「コーヒーより人を作れ」「ジャポネス・ガランチード」(日本人は信用できる)「ブラジルの日系人は、日本が私たちに与えてくれた最大の贈り物である」「日系人はブラジル国民の重要な一部である」などの数々の言葉はどれをとっても、ブラジルにわたった日本人移民たちが、現地で様々な障害を乗り越えながらも、たゆまない努力を積み重ね、信頼を勝ち取っていった歴史を物語っていることの証であると感じました。

 

福田訓久(ふくだくにひさ)
株式会社メディア総合研究所 教育グループ長

アメリカ先住民部族大学を日本人2人目として卒業。
帰国後、インターナショナルスクールの教員として国際教育に従事。
異文化コミュニケーション、多文化共生、ファシリテーション、チームビルディング、比較文化、国際理解等の教材作成、研修開発、講師を担当。
JICA教師海外研修では、ブラジル、ルワンダ、カンボジア等での研修も実施し、
ブラジル研修を活用した教員向けの教材開発などにも携わっている。

以下は、福田氏による講演のスライドです。

★本スライドの著作権は福田訓久氏にあります。活用の時は福田氏への許諾をお願いします

報告 斉藤宏

 

 

Related posts:関連するブログ

国際開発ジャーナル社社長 末森 満 氏を悼む

特定非営利法人全国国際協力協会 顧問 矢田部 正照 NPO法人全国国際教育協会理事 末森 満 氏...

2024年特定非営利活動法人 全国国際教育協会(JAGE) 第15回総会報告

2024年(令和6年)第15回総会報告 矢田部理事長挨拶 ・毎年、5月は、当協会の理事会総会が開...

2024年5月24日 仮題「ブラジル移民の人たちの今」総会後講演会予告

移住は単に"出稼ぎ"ということだけでなく、相手国の国づくりへの貢献につながっていった 私たちNPO...

多文化キッズコーディネーター「初級講座」報告

多文化キッズコーディネーター研修に参加して 多文化キッズコーディネーター研修「初級講座」に参加して...

第1回「多文化キッズ」連絡会報告

2月15日新宿のNSビルで令和6年度多文化キッズコーディネーターの連絡会が開かれました。 2024...

JICA広報部とJAGEとのエッセイ事業についての意見交換を行いました

JICA国際協力機構とNPO法人全国国際教育協会(JAGE)の歴史 振り返ってみると、エッセイコン...

フイリッピンで女性たちの自立を支援するNPO法人ハロハロ YouTobe

https://youtu.be/e0MV3PwX3SY

わたしがほしい社会を作る NPOハロハロ 人が主役のまちづくり

フイリッピンでは230万人もの人が貧困の中で生活しています フィリッピンの人口は約1億人で日本の人...