パネルディスカッションとワークショップ開催 「日本の未来を切り拓くグローバル人材育成の本質に迫る」

sn_0011.jpg

教育界と企業側が求める資質を明らかにし、日本の未来を切り拓くグローバル人材育成の本質に迫るセミナーが開催されます。全国国際教育協会はこのセミナーを後援いたします。
第4回グローバル教育の集い
「日本の未来を切り拓くグローバル人材育成の本質に迫る」
1.日時:平成26(2014)年9月6日(土)13:00~17:30
2.会場:拓殖大学文京キャンパス 国際教育会館3階
(東京メトロ丸の内線茗荷谷 駅下車徒歩5分)
3.共催:グローバル教育フォーラム  
     拓殖大学国際開発教育センター
4.協賛協力:株式会社メディア総合研究所
5.後援(申請中を含む):
  外務省、文科省、JICA、JICE、全国国際教育研究協議会、全国国際教育協会
6.開催主旨
 教育界におけるグローバル教育は、「グローバル人材育成事業」や「SGH」、 小中高での積極的な取り組みによって促進されています。また、日本におけるグローバル人材の育成は教育界にとどまらず、企業においても大きなうねりとなってきました。しかし、教育界と企業の狭間で、疲弊していく若者も多いのが現状です。
 本セミナーでは、教育現場と企業の現場で日々グローバル人材の育成を実践する者同士が同じ時間を共有することでグローバル人材育成の方向を探ると同時に、国際社会、とりわけ開発途上国で活躍する日本のグローバル人たちの実績や今後の期待についても皆さまと共に考えていきます。
7.時程:
 13:00 開会 (受付12:30~)
      開会宣言、来賓あいさつ
 
 13:10 パネルディスカッション
「グローバル教育、育成と活躍フィールド、教育現場と社会ニーズのすり合わせ」
パネリスト①:多田孝志
(日本国際理解教育学会顧問、日本学校教育学会前会長、目白大学人間学部長)
パネリスト②:松岡和久
(株式会社フォーバル参与、財団法人日本国際協力センター前理事長)
パネリスト③:斉藤実
([株式会社ネクストエデュケーションシンク](https://www.nextet.net/)代表取締役社長)
コーディネーター:赤石和則(拓殖大学国際開発教育センター長、国際学部教授)
14:40 休憩
14:50 分科会
第1分科会:ワークショップ「グローバル時代の対話力」
ファシリテーター:福田訓久
第2分科会:ワークショップ「グローバル時代のキー・コンピテンシー」
ファシリテーター:斉藤宏
16:20 休憩
16:25 全体会
     意見交換とふりかえり
17:30 閉会
8.参加費: 1,000円(資料代)
9. 申し込み
下記宛に、平成26年8月24日(日)までにFAXまたはE-mailにてお申し込みください。
グローバル教育フォーラム事務局(福田)
〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷4-14-4-4階
株式会社メディア総合研究所 内
TEL:03-5414-6210 / FAX:03-5414-6510
E-mail fukuda@mediasoken.jp

グローバル人財リサーチURL https://ghconsult.org 

Related posts:関連するブログ

2024年5月24日 仮題「ブラジル移民の人たちの今」総会後講演会予告

移住は単に"出稼ぎ"ということだけでなく、相手国の国づくりへの貢献につながっていった 私たちNPO...

多文化キッズコーディネーター「初級講座」報告

多文化キッズコーディネーター研修に参加して 多文化キッズコーディネーター研修「初級講座」に参加して...

第1回「多文化キッズ」連絡会報告

2月15日新宿のNSビルで令和6年度多文化キッズコーディネーターの連絡会が開かれました。 2024...

JICA広報部とJAGEとのエッセイ事業についての意見交換を行いました

JICA国際協力機構とNPO法人全国国際教育協会(JAGE)の歴史 振り返ってみると、エッセイコン...

フイリッピンで女性たちの自立を支援するNPO法人ハロハロ YouTobe

https://youtu.be/e0MV3PwX3SY

わたしがほしい社会を作る NPOハロハロ 人が主役のまちづくり

フイリッピンでは230万人もの人が貧困の中で生活しています フィリッピンの人口は約1億人で日本の人...

JICEが進める「はたらくための日本語」研修の概要をお聞きしました

JICE 一般財団法人 日本国際協力センター 多文化共生事業部部長 長山和夫氏からお話を伺いました...

日本語でつながる未来をつくるために「日本語はだれのため」日本語指導者研修会2回目「ユーチューブ」

日本語指導者研修会の2回目のユーチューブまとめました 日本語はだれのためという問いかけに改めてきづ...