25年度事業報告・26年度事業計画

25年度は、グローバル教育や開発教育に関する方策や情報提供、国際交流等に関する事業を継続発展させた。年度半ばには、一般財団法人日本国際協力センターと連携協力のための協定書を締結して、新しい相互協力関係を開始した。全国国際教育研究大会宮崎大会に協賛し、本協会として参加しました。
また、全国組織を確立するため、地区委員会の活動を支援する事業を進めた。

26年度は、創立5年目を期して、グローバル教育や開発教育に関する方策や情報提供、教材や教具の開発等に関する事業、また、学校現場で子供たちがグローバル教育に接することができるように支援する、交流事業も継続発展させます。
また、昨年度、一般財団法人日本国際協力センターとの連携協力の協定を締結したことをもとに、連携事業を推進します。さらにインターネットを活用した広報や情報・知見の共有を拡充します。全国組織確立のため、昨年度に引き続き、地区委員会の活動支援のための基盤づくりを進めていきます。
平成25年度事業報告、平成26年度事業計画書
平成25年度収支決算報告書
平成26年度会計予算書

Related posts:関連するブログ

2024年5月24日 仮題「ブラジル移民の人たちの今」総会後講演会予告

移住は単に"出稼ぎ"ということだけでなく、相手国の国づくりへの貢献につながっていった 私たちNPO...

多文化キッズコーディネーター「初級講座」報告

多文化キッズコーディネーター研修に参加して 多文化キッズコーディネーター研修「初級講座」に参加して...

第1回「多文化キッズ」連絡会報告

2月15日新宿のNSビルで令和6年度多文化キッズコーディネーターの連絡会が開かれました。 2024...

JICA広報部とJAGEとのエッセイ事業についての意見交換を行いました

JICA国際協力機構とNPO法人全国国際教育協会(JAGE)の歴史 振り返ってみると、エッセイコン...

フイリッピンで女性たちの自立を支援するNPO法人ハロハロ YouTobe

https://youtu.be/e0MV3PwX3SY

わたしがほしい社会を作る NPOハロハロ 人が主役のまちづくり

フイリッピンでは230万人もの人が貧困の中で生活しています フィリッピンの人口は約1億人で日本の人...

JICEが進める「はたらくための日本語」研修の概要をお聞きしました

JICE 一般財団法人 日本国際協力センター 多文化共生事業部部長 長山和夫氏からお話を伺いました...

日本語でつながる未来をつくるために「日本語はだれのため」日本語指導者研修会2回目「ユーチューブ」

日本語指導者研修会の2回目のユーチューブまとめました 日本語はだれのためという問いかけに改めてきづ...