JENESYSプログラムへの協力

21世紀東アジア青少年大交流計画(Japan-East Asia Network of Exchange forStudents and Youths 通称:JENESYS)への協力報告
 

平成19年(2007年)1月15日フィリピンで開催された第2回東アジア首相会議
において、大規模な青少年の交流を通じてアジアの強固な連帯にしっかりした土台を与えるとの観点から日本政府により実施された事業です。平成19年から5年間毎年6000人程度の青少年を日本に招き、相互の理解と友好関係の促進を目的とした交流プログラムです。

中国高校生訪日団第1陣 ~中国高校生との交流会~
都立成瀬高校訪問の様子です。

jenesys1 pdfファイルです

 

 

Related posts:関連するブログ

2024年5月24日 仮題「ブラジル移民の人たちの今」総会後講演会予告

移住は単に"出稼ぎ"ということだけでなく、相手国の国づくりへの貢献につながっていった 私たちNPO...

多文化キッズコーディネーター「初級講座」報告

多文化キッズコーディネーター研修に参加して 多文化キッズコーディネーター研修「初級講座」に参加して...

第1回「多文化キッズ」連絡会報告

2月15日新宿のNSビルで令和6年度多文化キッズコーディネーターの連絡会が開かれました。 2024...

JICA広報部とJAGEとのエッセイ事業についての意見交換を行いました

JICA国際協力機構とNPO法人全国国際教育協会(JAGE)の歴史 振り返ってみると、エッセイコン...

フイリッピンで女性たちの自立を支援するNPO法人ハロハロ YouTobe

https://youtu.be/e0MV3PwX3SY

わたしがほしい社会を作る NPOハロハロ 人が主役のまちづくり

フイリッピンでは230万人もの人が貧困の中で生活しています フィリッピンの人口は約1億人で日本の人...

JICEが進める「はたらくための日本語」研修の概要をお聞きしました

JICE 一般財団法人 日本国際協力センター 多文化共生事業部部長 長山和夫氏からお話を伺いました...

日本語でつながる未来をつくるために「日本語はだれのため」日本語指導者研修会2回目「ユーチューブ」

日本語指導者研修会の2回目のユーチューブまとめました 日本語はだれのためという問いかけに改めてきづ...