JENESYSプログラムへの協力

21世紀東アジア青少年大交流計画(Japan-East Asia Network of Exchange forStudents and Youths 通称:JENESYS)への協力報告
 

平成19年(2007年)1月15日フィリピンで開催された第2回東アジア首相会議
において、大規模な青少年の交流を通じてアジアの強固な連帯にしっかりした土台を与えるとの観点から日本政府により実施された事業です。平成19年から5年間毎年6000人程度の青少年を日本に招き、相互の理解と友好関係の促進を目的とした交流プログラムです。

中国高校生訪日団第1陣 ~中国高校生との交流会~
都立成瀬高校訪問の様子です。

jenesys1 pdfファイルです

 

 

Related posts:関連するブログ

グローバル教育コンクール2013
世界が抱える様々な問題を、自分たちの問題として考え、その解決のために自ら行動に移すことのできる人は、...
教員経験者にできる国際貢献
CIESFではカンボジア現地で教育アドバイザーとして活動する「国境なき教師団」の参加者を募集してい...
「共に生きる」をデザインするグローバル教育
本書は、グローバル教育を実践していくための、「手法」と「教材」の両方をまとめた役立つ実践教科書です...
第2回 グローバル教育の集い
主催 グローバル教育フォーラム/拓殖大学国際開発教育センター 協賛協力 株式会社メディア総合研...
英語コミュニケーションの為の聴覚チューニング
「英語コミュニケーションの為の聴覚チューニング」講習会 報告  (一般財団法人桜町会協賛 )   ...
事業報告(平成22年度)
(法第28 条第1 項関係「前事業年度の事業報告書」) 平成22年度の事業報告書平成22年4月1日...
平成23年度事業報告
(法第28 条第1 項関係「前事業年度の事業報告書」) 平成23年度の事業報告書(平成23年4月1...
JICA 中学生 高校生 エッセイコンテスト-徹底研究
「50 周年を迎えて果たしてきた成果」 JICA(国際協力機構)「エッセイコンテスト2011 徹底...